滋賀県彦根市の美容院・美容室ブブ

滋賀県彦根市京町3-5-37;美容院ブブは、ヘアカラー・デジタルパーマ・縮毛矯正は、口コミでも人気です。/受付; am10:00~pm7:00、駐車場; 有/予約制


彦根ブブのヘアカラーは、滋賀県でも口コミの人気で『おすすめ』です。

美容院NEWS

rss
滋賀県彦根市の美容院ブブのNEWSです。お客様も知っていただくと『良い』と思う最新おすすめ情報です。

件数:36

ヘアカラー時のメッシュについて

ヘアカラー時のメッシュ

画像は、シークレットタイプのメッシュです。

あえてメッシュをハッキリさせないけれど、透き通り感が髪全体に感じる!
ような効果です。

勿論、ハッキリさせるデザインもあります。

 

日本人の黒髪へのメッシュは、いずれにおいても
根元から入れすぎない方が良いというデザインポリシーがあります。

 

根元付近のメッシュをカラー剤で『ぼかす』のですが、
それでも『本当の根元付近』は、体温の影響などでブリーチが明るく抜けやすい。

一見、根元から毛先まで同じように見えても
中間・毛先はカラー履歴があるので根元付近のぬけ方とは違うのです。

 

カラー剤で根元部分をぼかしても、後々メッシュ上部がくっきり出てきます。

伸びてくる新生部の黒髪との対比で顕著になります。

 

いわば、ブリーチメッシュ部の『くっきりプリン』となります。

 

根元付近をいくらか外すと、伸びてきた新生部→カラー部分→メッシュ

とつながるので比較的『くっきりプリン』を防げると思います。

*メッシュの『もとめるめる明るさ』にもより、どの程度その効果が期待できるか
もありますが、根元から入れすぎるよりは回避できます。

 

メッシュのデザイン

髪表面の前髪・サイド・バックにかけて、均一にメッシュを入れるより
適当な配列にデザインするほうが良いと思います。

最近では、中間付近や上の方からなど混在するようにすることが多いです。
また、画像のようにガンメタ風にいれてシークレットするなど。

 

メッシュの色味保持

ホワイト系やシルバー系ならムラサキシャンプー
ピンクメッシュならピンクシャンプーのような、カラーシャンプーを色味にあわせて
お使いになることをおすすめします。

美容院で販売する製品でなくても良いです。

ブリーチは、日々の酸化により『必ず黄ばん』できます。

黄味のメッシュがベージュ系と感じられるなら柔らかい印象となり
似合う方も多いです。特に色味保持のシャンプーをお使いにならなくても良いかも!

ブリーチをしないヘアカラーとブルージュカラーなど

ナチュラルカラー/カラー剤だけのファッションカラー

ブブのヘアカラーで多いのは、ナチュラルカラー(Wカラーもブリーチもしないカラー)のアッシュ系やベージュ系・ピンク系
等々です。日本人に多いオークルスキンは、茶味系カラー各種が綺麗に見えることが多い。

 

ブリーチカラーやWカラーを多くサイトに載せる理由

ブリーチカラー画像が多いのは、インパクトとスキルをお見せするためです。
ナチュラルカラーを営業中の素人撮影では『実際の色味』をお見せするのが大変!!

様々なサイトのナチュラルカラーって加工しているようなきがします。

 

専門的には次のようなこともあります。

ブリーチカラースキルがUPすることは、ナチュラルカラースキルがUPする!

 

2018年 ブルージュや青味バイオレット

暗めでも透き通り感があり綺麗です。
ですが、ブルーの色素が極めて濃い。

見た目にブルーを感じなくてもです。

オークルスキンでは顔が『くすむ』可能性。

 

プロモーション画像やインスタでは多くのブルージュや青味系グレーや青味バイオレット(パープル)
がおおいのですが、テレビや雑誌(カテゴリーによる)のタレントには、こういったヘアカラーは少ない。(トレンドのように感じるわりには少ない!)

 

顔でも仕事される職種ですから、顔映りが良いことが大切なんだろう!と。

 

ブブでも『ブルージュ』や『ブルーブラックとしてはやや明るめ』も、よくしています。
で、上記のことも説明します。

お客さんとしては、『一度はやってみたい』というのもあり施術します。

 

サイト情報には、ブリーチをしないでブルー系の色味が画像があります。

退色が利用できる場合です。
退色というのは、色味が抜けたブリーチ状態です!

退色ってどのくらい?

ネイビー系やブルージュは、8〜9明度あれば出来ます。
自毛に近い明るさですが明快にブルーを感じることができます。
(ただ、退色において赤味が強すぎる場合は微妙です)

ベースが明るければよいということでもないのです。

 

表現したい色味でモデルを選ぶ/サイト画像

美容院の営業レベルでは、求める色味に合わせてベースをつくる・・Wカラーが必要。あるいは『利用できる退色』です。
こういう事が多いのです。

表現したい色味に合うモデルを選べるのは、プロモの場合です。
だから、『カラーだけで!』となるのです。

 

 

*画像のレベルのアッシュピンクは、髪質が大きくかかわります。
あるいは、カラー履歴が影響します。

アジアン(日本人)に向く製品

日本人に向く製品

トリートメントやシャンプー/美容院で使ういろいろな製品等々
は、化粧品原料から作られています。

毛髪用原料には、アジア人に向くとか白人に向くなどといった原料情報が
数多くあります。

いろいろな原料を組み合わせて微妙なバランスで製品化されています。

(一方、どの人種でも対応できる原料もあります。)

 

ここで言いたいことは、

人種による毛髪適合性は大切で、海外で作られた製品が日本人にも向いているのか!?

ということです。

 

日本人の毛髪に合わせたつくられた製品が選択肢の一番で
ブブの基本です。毛染め剤でもトリートメントでもスタイリング剤でも。

・ 毛染め剤は、医薬部外品で外資の剤でも日本人用に作られています。

 

トリートメントに関して。髪の芯が改善(強度の改善)されるというのはヘアケア概念として
必要です。それが硬さとなるのか、ハリコシと感じるのか!!

 

非常に微妙な感性で説明しにくいのですが、確実にその差は体感します。

*トリートメントした直後は、ポリマーやオイル系が付いているので滑り性があり『硬さではなくハリコシの弾力』と感じられることもありまあす

 

カラーやパーマで使うPLEX各種や他の製品選択も、こういった要素への見取りも大切です。

 

彦根市でクレジットカードがご利用できる美容院

彦根市でクレジットカードがご利用できる美容院

2018年10月より、JCB・Visa・Mastercard®・American Express®・DinersClub・銀聯カード・DISCOVERの主要な国際ブランドのクレジットカードとデビットカードをご利用いただけるようになりました。

滋賀県彦根市京町3-5-37

 

滋賀県彦根市の美容院ブブは、クレジットカードもご利用いただけます。

各種クレジットやデビットカード

アジアングラメッシュ

カラー剤だけで表現するグラデーションとメッシュ
アジアングラメッシュ

日本人の肌色を綺麗に見せます。

全体カラー(グラデーションなども)+カラー剤によるメッシュ
(ブリーチを使わないグラデーション+メッシュ)

カラー料金に+2000円です。

*カラー剤のみでするグラデーションカラーなら、カラー料金でしています。追加料金はありませ。

 

グラデーションカラーやメッシュはコンサバ

トレンドだからするのではなく、したいときにするカラー
ヘアカラーもやっとここまで来た!感じです。

白髪染めとファッションカラーに料金差がある理由

例えば、10レベルのカラーを白髪対応の剤でする。

髪条件によっては、1つの剤をワンタッチで全頭塗りしても対応できる。

ムラが出にくい!!

 

ファアッションカラーの場合、
幾つかの剤を使い分ける必要!『計算』や『塗布順番』等々が難しいことが多い。

 

これらのことが、次のように現れます。

白髪染めは、見習い美容師でも出来る。

ファッションカラーは、何年美容師をしていても緊張感が伴うことが多い。

施術時間もまったく違う!し、剤の使用量が比較にならない!などとなります。

過剰な表現とも思いません。

 

同じヘアカラーでも別物。
これが、多くのサロンでも料金差に反映しているのです。

 

ブブは、次のように考えています。

白髪染めは、ご利用頻度が多くなることもあり
特別料金設定を設けています。仕上げ込にて。

 

剤の違い

白髪染めの剤とファッションカラーの違いは、透き通り感や色味の鮮明さが違います。

白髪対応の剤は、ブラウンを多く配合してあるので、
色味や透き通り感がファッションカラーと比較すると出にくい。

 

一方で、白髪染めタイプは退色しにくい傾向があります。
(ポーラスな髪は、白髪染めタイプでも早く退色します)

 

 

もう一つ知っていただきたいこと

7〜9レベルの白髪対応の剤(そこそこ明るい)
でも、後に『明るくしたいとき』にカラー剤だけでは対応しない。
・・ことが多い。

 

黒染め後、カラー剤だけでは明るくならないことをご存知の方は多いです。
ただ、『黒染め』を真っ黒とイメージされています。黒染めというのは、象徴的な表現です。

 

白髪対応の剤を一度でも使うと(結構明るい剤でも)
後に、明るくしたい!ときカラー剤だけでは反応しないことがあります。
履歴が重なればなおさらです。

いわゆる黒染めと同じで、カラー剤だけでは明るくできない。

 

 

ついでにこれも!!

セルフカラーで、白髪がなくても白髪対応剤をお使いの方がいます。ムラが出にくいからです。

ですが、

明るくしたいときや色味を変えたいとき(本格的に)に
影響されます。

*極めて稀に、影響を受けない事もあります。

 

 

補足

ファッションカラーの『暗めカラー』でも、後のカラーに影響する時はある。

色素が濃く残っていると、その時使うカラー剤の色と毛髪上で混ざって求める色味が出にくい

などがあります。この点は、絵具のイメージを想定いただくと理解しやすいです。

 

 

黒染め後のカラーも、ご利用多いですよ。
脱染+ヘアカラーになります。

 

多くの場合、ブリーチはつかいません。(求める明るさにもよります)

ブリーチ使うと、カラー後の退色で困ることがあると思うからです。

『パッキンなってきた!』みたいな‼  

 

  ファッションカラーリタッチと白髪染めのリタッチ新設

ヘアカラーのリタッチ

新設しました。是非ご利用ください。

  1. ファッションカラーのリタッチ/4500円
  2. 白髪染めのリタッチ/3500円


ともに仕上げ込み

  1. リタッチは、2か月程度までの根元染めをいいます。
  2. 白髪染めは頻度が多くなるので特別料金を設けました。


白髪染めとファッションカラーは、多くの美容院でも料金差があります。
どうしてでしょう!?

一言で言えば、『技術の難しさレベルが違う』と『剤使用量が全く違う』『施術時間がかなり違う』
別物のカラーだからです。

 

彦根ブブの料金表

 

 

2つの電話で予約受け付けしています

0749-26-4110
男性スタッフ/ブリーチやファッションカラー〜白髪染めまで

0749-23-1083
女性スタッフ/白髪染め専門/お母さん・おばあちゃん世代が得意

 

*リタッチについて

白髪リタッチは、根元2センチ程度までの色番号を決めたカラーです。
例えば、5cm程度の新生部がある場合、既染部の退色が進んでいるので
全体染めをしないとカラーの『つながり』がでません。


*既染部へのつなぎ部分ををじませるサービスはしています。

 

リタッチは、自然なグラデーションになる根元染めです。
そのためには、根元2cm程度が限度になります。

エクステに関して

エクステ

BUBUのエクステが人気なのは多くの方がご存知です。

ですが、

2018年5月より、エクステをやめました。
エクステの仕入価格が高騰しているからです。

 

現状、一本390円で施術しているのですが、
1本あたりの施術料がUPしすぎます。

 

そこで、

  1. 色合わせの予約でご来店
  2. その時、『つける』日を予約いただく

この方法だと、『あなた用』だけを
仕入れることになり、
現状の1本あたり390円で出来ます。

品質は、従来と同じです。(人毛)

 

カラー後のエクステ

  1. ヘアカラー後に『色合わせ』
  2. 後日のご予約にてエクステをつけます。

 

参考

エクステの色は、人に使うカラー剤とは別物で染めます。

よって、『人のカラー』後にエクステの色を合わせる順が良いです。

 

PLEXブリーチ/ブリーチ剤を変更

ブリーチ剤を変えました。

これはすごい!

ブリーチによるダメージが、本当に少なくなっている。

 

ただ、それぞれの髪状態には限界点みたいなものがある。

例えば、5%はダメージする。『全然傷んだ感じやないね!』という髪もある。

でも、同じ5%でも、『あきらかに傷んだ!』となる髪状態もある。

ということです。

 

いずれにしても、このブリーチ剤はすごい。
久々に感動しました。

速攻で変えました。2018年4月より。

 

次に期待するのは、レインンボーカラー色素を使うカラー剤。

花王と富士フィルムの共同開発(カラー剤の原料)いうことです。

ものすごく楽しみです。

 

 

 

 

 

 

ヘアカラーによる髪のシミ

ヘアカラーの繰り返しによる髪のシミ

ブリーチやヘアカラーに影響する要素。
白髪対応のカラーをしている場合、髪のシミが顕著に現れます。

暗めのトレンドがあり白髪がなくても白髪対応の剤で暗めにすることもあるようです。

あるいは、ホームカラーをする時、白髪がなくても白髪対応の剤を使用する方もいます。

 

なぜ白髪がないのに!?

色ムラが出にくいからです。正解なのですが色味を変えるとき問題になることがあります。

明るい白髪対応の剤でもカラーチェンジのとき影響することが多いです。

 

髪の中に残り続ける、色素。色素沈着です。
原則、取り除けない。・・後のカラーに影響します。

 

 

本題です。

ブリーチや脱染を何度しても、色が薄く残る現象・・色のシミ。
専門的に『トーンシュールトーン』といいます。

 

 

この状態の髪は、(薄い色素であっても)

希望通りの色味になりにくい要素になります。

 

 例えば、

ブリーチ後、『グレーにしてほしい』のご希望でも、グレージュになります。(やや茶味を感じるアッシュのような色味)

 

残存する色素が、赤味なら『緑の色素をもつ剤』で、その赤味を打ち消すのですが、

茶系アッシュになる可能性が高いです。

濃くのこる赤味の場合に『明るくして赤味をなくしたい』とき、カラー剤の一番明るい緑系統の剤を
使用しても暗くなることがあります。(あるいは赤みが残る)

 

『トーンシュールトーン』は、手ごわい状態ということです。

 

美容師のスキルもありますが、『出来ることのルール』がヘアカラーにはあるのです。

 

 

ブリーチしてのケースは、色素沈着がわかりますが、ブリーチをしない場合、

髪に残る色素の状態がわからない時もあるので、狙った色味が難しいことがあります。

 

目視では『わからない状態で髪の内部に染料が色素沈着として残っている』場合、

影響されます。

 

カラーシャンプーやカラートリートメント・ヘアマニキュアも影響

美容院でカラーをされる予定の2〜3週間程度前から、それらの使用をやめたほうが良いです。

メーカーにも問い合わせ・・『美容院で何をしても取れないから、自然と取れるまで待ってもらうのが良いと!』の返答でした。

 

染料を、いかにとるかの実験も多くしましたが取れませんでした。まじ、いろいろ試しています。

製品にもよるとは思いますが。

 

中でも、ヘアマニキュアは、確実に影響します。

一見、なくなっているように見えても、髪の中にシミ状態で残ることが多い。

季節に合わせて『いろいろな色味を楽しみたい』方は、注意してください。

 

 

暗めのカラーも多いので『どのようなカラー剤で染めているか』の影響

特に、白髪がなくても『白髪対応型の剤で暗めにしている』とき、(美容院でもセルフカラーでも)
そこそこ明るくても、ヘアカラーだけでは明るくならない。・・ことが多い。

 

クロゾメ後、カラーだけでは明るくならないことをご存知の方も多いとおもいます。

 

クロゾメというのは、真っ黒のイメージですが白髪対応型剤でカラーしていると

たとえ明るめでも、後にカラー剤だけでは対応しないのです。(そういうことが多い。)

(白髪対応の剤でなくても影響することもあります)

 

ブブでは、日常的に黒染め後のヘアカラーをしています。

脱染+カラーや他の方法のWカラーとなります。