BUBU-OFFICIAL
美容院サイトは滋賀県彦根市のブブ自身でUP/予約制/駐車場:店舗前と横に出入りの楽な所/受付:AM10:00~PM7:00
HP:https://www.hikone-bubu.net/
Email:bubu@able.ocn.ne.jp
Street address:〒522-0081 滋賀県彦根市京町3-5-37
TEL:0749-26-4110

滋賀県彦根市の美容室ブブ はヘアカラー 縮毛矯正 デジタルパーマが口コミで人気

> 人気の縮毛矯正

縮毛矯正ストレートするなら彦根ブブ

ブブは縮毛矯正ストレートも人気です。滋賀県下幅広いお客様のご来店があります。

  1. 縮毛矯正ストレートは簡単な技術のようにみえますが難しい技術で、ノウハウの積み重ねが必要です。
  2. アイロンによる矯正ストレートは20年以上のキャリアがあります。
  3. 可逆反応性(RPA)縮毛矯正ストレートはブブ独自の施術。RPASSエージェントはブブ処方の製品で他店樣にもご利用いただいています。
ストレート画像より『どのような取り組みか!』が大切

スタイリングしたストレートヘアなど縮毛矯正しなくても綺麗なストレート画像になるからです。

滋賀県彦根市の美容院ブブの縮毛矯正は人気で多くの方にご利用いただいています。おすすめの矯正ストレートです。

 

縮毛矯正施術の基本

クセには様々あります。適切な剤選択から始めます。技術そのものを変える必要はありません。

縮毛矯正は施術直後も大切ですが、後々の状態も大切です。RPA縮毛矯正ストレートは、後々のダメージ要因を出来るだけ少なくする矯正です。

 

ブブ美容院の縮毛矯正にはいくつかの特徴

下記は、美容メーカーのコピペではありません。ブブのオリジナル解説と知見です。美容師も始めて触れる内容もあると思います。

専門用語多々ですが、一度プロの中身に触れてください。

  1. 1剤を流す時、単純に流すだけではないです。
    何気ないですが大きなノウハウ!

ブブ独自の縮毛矯正にふれてみます。専門的ですが頑張ってるんだ程度で読んでください

  1. 2剤の過酸化水素から派生する活性酸素種の抑制にアプローチ
  2. システィン酸抑止とアミド結合で毛髪強化処理をします
  3. アイロンの熱による水分爆発(ヒートブリスター)を抑止(ヒートプロテクション)
  4. タンパク凝集を抑止・・弾力が違います。

4項目は、大手美容メーカー様の剤によります。

 

縮毛矯正の専門店よりプロフェッショナル。滋賀県下から多くのご来店があります。

  1. 施術中に独自性(上記1〜4個鵜目)がありますが、お客様は気が付かないと思います。
  2. 上記4項目はコストがかかりますが料金にふくめています。
  3. 施術後のトリートメントは必要ないです。

 

プロ用製品と縮毛矯正の行程を開示

縮毛矯正はヘアデザインと悩み解消です。

  1. 成分や剤のスキルが他の施術カテゴリーより重要です。
  2. 技術行程や成分詳細をこのサイトのプロ用ページに開示しています。
  3. ブブのプロ用スピリッツブオンラインブランドにも詳細があります。

滋賀県彦根市の美容院ブブの縮毛矯正はおすすめ

 

ストレートにする選択肢は矯正だけではない

洗い流さないトリートメントの中には、少々の『うねり』ならストレートになる製品があります。

  1. 『もどりのうねり』や『もともとが弱いうねり』にはヘアタイム618をお試しください
  2. 『うねり』と『クセ』は同じように見えますが別物です。『うねり』は湿度の影響の繰り返しで、くせ毛のようになる状態で、これを『フリズ』といいます。お客様にとってはクセ状態ですが、湿度の影響を受けにくい洗い流さないトリートメントで改善されることもあります。

 

滋賀県彦根市でおすすめの縮毛矯正ストレートをするなら美容院ブブです。
ブブのプロ用製品ヘアタイム618は商標ブランド

2018年矯正ストレート剤分類でなくストレート効果を期待できる製が出始めています。ブブでは、このタイプの製品の様子を、しばらく見ることに決めました。酸性ペーハーが低すぎると考えているからです。やがて、この問題を解決した剤が出てくると考えています。

 

縮毛矯正後のトリートメントケアは毛髪内部保湿と髪表面保護

濡れた髪は、湿度の影響もないしクセもわからないこともある。でも、そのままでは生活できない。この理屈から、毛髪内部を保湿し毛髪表面は乾いている・・という状態にする。ダメージすると乾燥しやすくなり湿度の影響を受けやすくなりますから、大切な考え方です。

 

  • 市販品のシャンプーやトリートメントは、しっとり系でべたつかない製品を選択します。

縮毛矯正の手入れの基本になるシャンプー選択

  1. 縮毛矯正すると髪の脂質(保湿の要素)が失われ乾燥しやすくなります。脂質の減少は手触りや質感に影響。一般として『サラッとするタイプ』のシャンプーより『しっとりタイプ』で『ご自分にあった製品』を探すというのが良いと思います。
  2. 市販品で合う製品を探しきる!が結論です。シャンプーは、地肌への影響もあるので結論使わないとわからない!があります。
  3. 矯正ストレートに限らずシャンプーは思う以上に髪に影響します。『汚れを落とすだけ!で良い』という美容師もいますが、自分たちはそう思いません。シャンプーには機能が求められます。
  4. 自分だけのシャンプーは、カラーや矯正後には必要です。
  5. シャンプー頻度が多すぎる!のも影響すると思います。

 

縮毛矯正後に洗い流さないトリートメントによるケアは必要

毛髪の内部を保湿する洗い流さないトリートメントのケアが望ましい。ナノ保湿成分(ナノ化セラミド・ステロールの表示)が適合します。アイロン使用が日常化していますので、同時に熱に対する保護効果がある、洗い流さないトリートメントがさらに良いでしょう。

 

矯正ストレートのケアは、VIGUSIかヘアタイムをおすすめします。
プロ用洗い流さないトリートメントVIGUSIウルフォフ おすすめするナノ化成分で構成するサラサラで感動の落ち着きを実現しています。