BUBU-OFFICIAL
美容院サイトは滋賀県彦根市のブブ自身でUP/予約制/駐車場:店舗前と横に出入りの楽な所/受付:AM10:00~PM7:00
HP:https://www.hikone-bubu.net/
Email:bubu@able.ocn.ne.jp
Street address:〒522-0081 滋賀県彦根市京町3-5-37
TEL:0749-26-4110

滋賀県彦根市の美容室ブブ はヘアカラー 縮毛矯正 デジタルパーマが口コミで人気

> ヘアカラー

ヘアカラーは特に人気でおすすめ

滋賀県彦根市の美容院ブブは、クロ染め後のヘアカラーも日々施術。明るい白髪染めや、ブリーチ&カラー、バレイヤージュ、メッシュ、2トーンなど。

  1. カラー剤のみのナチュラルカラーが一番多く、アッシュは特に人気でおすすめ!
  2. Wカラー=ブリーチ&カラーやカラー&カラーの各種も人気!
  3. 大手美容メーカーの美容師用レシピをメーカーに向けて講習した実績!

 

この点だけは知ってください。

  1. ヘアカラーは、ご来店時の毛髪に残る色素が影響します。
  2. 同じ美容師が同じ薬剤を使っても髪質とカラー履歴が違えば色味は変わります。

 

『カラーデザインのプロ』を!


滋賀県の美容院ブブのヘアカラー画像です。ブリーチ、外国人風カラー、アッシュ、メッシュなど大変人気があります。

 

滋賀県彦根市の美容院ブブのヘアカラーは本当に人気です。口コミも多くおすすめです。BUBUサロンカラー/ワンプロセスカラー/ベージュピンク

 

滋賀の美容室ブブ/グラデーション&メッシュ/派手になりすぎないようにしました。

グラデーション&メッシュ/派手になりすぎないように!人気のカラー!!
*連写中に自然光をあてた2種があります。

 

 

滋賀県の美容院/彦根ブブのグレーアッシュ

グレーアッシュ(無彩色グレー)/シルバー系やホワイト系のグラデーションも日常的

 

 

グラデーションカラーは人気/滋賀県彦根市の美容室ブブ

パープル系(トップ)とピンク系のグラデーション/ヘアカラーだけで、この色味と明るさ!毛髪に残る色素状態によりブリーチが必要なこともあります。
彩度の高いピンク系は、パープルとのグラデーションがおすすめ。根元付近に赤みが強いと違和感が出ることがあります。

 

グレージュとパールシルバーのグラデーション

cool音声注意!

 バレイヤージュグラデーション

グラデーションカラー/滋賀県彦根市の美容院ブブ

バレアージュタイプのベージュとオフホワイトのグラデーション/ウエーブの画像よりストレートで魅せるほうが難しい!ゆるく巻くとさらに際立つ。エクステ5本程度使用。

 

彦根ブブのヘアカラーカテゴリー

カテゴリー1

  1. ファッションナチュラルトーン(アッシュの10トーンと表現)
  2. ブリーチ&ヘカラー/茶味をキャンセルする色味
  3. 脱染+カラー/黒染め後や残留する色素量を分解してカラー!
  4. 白髪染め/通常、3〜7明度程度まで/ブラウンベース
    白髪おしゃれ染め/8〜10明度までの範囲/ブラウンベース
  5. ヘアマニキュア
    いろいろなカラーを楽しみたい方は、ヘアマニキュアは強敵。残留する色素が問題に!
    ショートスタイルで、色味をそれほど変えない大人女性に向いています。(白髪ぼかしのような施術)

 

カテゴリー2

  1. カテゴリー1にメッシュやバレイヤージュ(適当な感じで束感を出す/インナーカラーもその一つ)のブリーチ追加。2トーングラデーションやシークレットメッシュなど。
    透き通り感やカラーデザインの幅が広がります。

 

高明度で中彩度のヘアカラー/ペールカラーの実験画像

ヘアカラーの高明度の色味

ホワイトからベージュ系各種/抜け感のノウハウ

ブリーチ&カラーの色見本

 

すべて営業でのヘアカラーです。

グレージュヘアカラー/彦根ブブは滋賀県の人気美容院です。

 

ヘアカラーの方法/全体染めとリタッチ

  1. 『リタッチ』は、ヘアカラー後の1か月半〜2か月程度までの期間で根元のみを染めること。
    3か月以上あけて、新生部を染めることをリタッチとは言いません。新生部が長くて、その部分の施術をリタッチと表現するサロンもありますがブブは、そう思いません。

 

理由

既染部の褪色が進んでいますから、かつてのカラー剤を使用しても『色味と明るさの段差』ができます。リタッチの効果は、自然なグラデーションを求めるカラーともいえます。この観点から綺麗なリタッチは、ナチュラル色で2か月までが限度です。ダメージを少なくという観点からおすすめですが、一度でもカラーした髪は、酸化した状態(サビル)として残り続けるので限られた成分でダメージ抑止処理をする必要があります。ヘアカラー後に、抑止の化学反応性がないトリートメントをしても、この観点からは意味がないです。

専門的には、不可逆性のダメージ要因といいます。

 

褪色に関して

  1. 専用のシャンプーやトリートメントが良いと思います。流さないトリートメントも良いです。(それでも褪色はします。)

※カラーは、褪色があるから(残留する色素が少なくなるから)いろいろな色味が楽しめる側面もあります。
※白髪対応のカラートリートメントで染めると、黒染めと同じように『明るくしたいとき出来ない場合』があります。

 

カラートレンド/各種アッシュ

グレイッシュ〜アッシュ系統のカラー

  1. ブリーチ+カラーやWカラーが必要な場合があります。
  2. 毛髪に残る残留色素が影響して、難しい場合もあります。

 

アッシュ各種/赤みやオレンジの『くすませ』アッシュも!

ヘアカラー グレーイッシュ/トレンドカラーは、おすすめ色。

 

専門店よりプロフェッショナル


ヘアカラー後の有料トリートメントより『施術中に出来るだけ悪さを取り除く』ことに注力しています。(料金に含めています)

〜PREXというブリーチがあります。従来のブリーチよりダメージが少ないです。このことは、施術中にダメージの抑制が可能なことを示しています。

 

*カラー後のトリートメントもいいけれど施術行程中にするダメージ抑制が大切。(シャンプー中など、いくつかの行程中にしますので御客様は『わからない』とおもいます。

 

カラー時のトリートメント/プロの処理

 一般的なトリートメントでは対処できない可能性もあるので『施術中にするほうが良い内容』です。
専門用語満載ですがお客様も一読をおすすめ!

  1. ヘアカラー剤は、多くの場合アルカリです。
    出来る限り穏やかにアルカリ除去をします。完全には取り切れない。弱酸の洗い流さないトリートメンが日々必要な理由の一つです。
  2. ヘアカラーには、過酸化水素の2剤を使います
    残留過酸化水素由来の活性酸素の連鎖が悪さします。エルゴチオネインという成分で分解します。(VIGUSIウルフォフに使用) 
  3. ヘアカラーでもパーマでも共通のダメージ要因は、システィン酸の生成です
    美容院でする大切な処理です。これに注力しています。

 

システィン酸とは・・髪が酸化された状態・・髪の酸化とは『髪がサビル』ということ。
この抑制が一番重要です。限られた成分で抑制できる可能性があります。
サロントリートメントに、この機能ないと意味ないと考えています。

 

滋賀県の美容院ブブ/ヘアカラー/ディープブルーパープル

ディープブルーパープル/ブリーチ必要

 

髪は明るい光のときだけ活躍するわけじゃない

 

髪も、夢をみます。

 

ケアは日々 ダメージ抑止は施術中

ホームカラーがうまくできた!でも『ダメージがかなり!』と言う方もいます。美容院でのカラーも『カラーしてシャンプーだけなら基本同じ』です。ダメージ処理が必要で美容院でしかできないスキルとなります。コストがかかります。低料金すぎると出来ないと思います。(ブブは料金込です)

 

髪は何をしても治らない原則は、美容師なら誰もが知る概念です。それなら『ヘアカラー後のトリートメントとは!』と思いませんか?

 

ブブは、この事から『ケアは日々、ダメージ抑止は施術中』が論理的と考えています。

  1. 『ケアは日々』とは、お客様の手入れ(一度のトリートメントより、日々)とそのための製品開発
  2. 『ダメージ抑止は施術中』とは、カラー技術中のダメージ処理実行と製品開発

 

現状、改善し向上させていく事は必要です。この事に取り組んでいます。また、髪はダメージ改善への限界点のようなものがあり『何をしても・・』とする状態もあると思います。

 

洗い流さないトリートメント VIGUSI