BUBUオフィシャル > BUBUNEWS > ヘアカラーは『仕込み』が必要なことも多い

ヘアカラーは『仕込み』が必要なことも多い

ヘアカラーは『仕込み』が必要なことも多い

ヘアカラーは仕込みが必要な時が多くある

施術時間の長さとお客様の『しんどさ』から、事前にベースカラーを作っておく場合があります。YouTubeやインスタでは、その仕込みがUPされていないケースがあります。『こんな短時間で出来ます』といっても仕込み施術が含まれていない!ということです。

 

カットでの仕込み

エアタッチというのがあります。 先日もエアタッチのシャドールーツを求められる方がご来店されました。その方は美容師で、以前からブブでカラーをやっています。髪を『すいてない』からドライヤーの風では髪が下に落ちない。だからエアタッチは不向きだと説明しました。美容師ゆえに、すぐに理解いただきました。動画やインスタでは『髪をすいてておく』仕込みがあります。

 

仕込みありきの時短表現

仕込み行程をはぶいて『4時間かかる施術を3時間でできる』とするプロモSNSもあります。

 

 サロンワークでは、仕込み部分も同日にするので時短プロモより、時間がかかります。