BUBU-OFFICIAL
美容院サイトは滋賀県彦根市のブブ自身でUP/予約制/駐車場:店舗前と横に出入りの楽な所/受付:AM10:00~PM7:00
HP:https://www.hikone-bubu.net/
Email:bubu@able.ocn.ne.jp
Street address:〒522-0081 滋賀県彦根市京町3-5-37
TEL:0749-26-4110

滋賀県彦根市の美容室ブブのヘアカラーは、口コミでも広がる人気カラーです。おすすめの縮毛矯正とデジタルパーマもご利用多いです。ヘアカラーと縮毛矯正、デジタルパーマするなら彦根ブブをご利用ください。

> > セルフカラーの注意点

セルフカラーの注意点

セルフカラーの注意点

セルフカラーの注意点

ご自分でカラーをされるとき白髪がないのに白髪対応の製品でセルフカラーされる方がいます。

なぜか!

色ムラが出にくいからです。

白髪対応の剤は、白と黒を同じような色味や明るさにしやすい。明るさに差があっても、それなりに染まる。
色味も極端にかわらない製品が多い。だから、自分でできる!となります。

 

黒染めした後はカラー剤だけでは明るくならない

ご存知の方も多いと思いと思います。黒染めは真っ暗だから、後にカラーしても明るくならない!

『黒染めした後はカラー剤だけでは明るくならない』は象徴的ないい方です。

白髪対応の剤を一度でも使うと、それが明るい剤であっても『その後にカラーチェンジするとき影響が出る』ことが多い。

履歴が重なれば顕著です。

正確な表現でも有りませんが、お客様用としてはこんな感じの認識でいいのかな!と思います。

 

比較的明るめのタイプの違う剤

おしゃれ染め10明度の剤と白髪対応の10明度の剤(ともに比較明るい)を使った場合、髪状態により違うのですが白髪対応の剤は、必ず暗くなる方向に働きます。一方、おしゃれ染めは、明るくもなるし暗くもなる。

白髪対応の剤は、必ず暗くなる(そう思っています。)ので、履歴が重なれば、暗くなっていくのが原則です。濃くなると表現するほうがいいのかも。

毛髪に残る染料が濃いと、その後のカラーが難しくなっていく!!

だいたいこんなところです。(お客様用として記載)

 

これだけでは終わらない

白髪対応の剤の履歴が重なれば(物により1度でも・・自毛に近い明るさの剤など)その部分は、1年でも2年でも影響します。
明るくしたいのに、カラー剤では明るくならないや希望色にならないとなります。

 

ファッションカラータイプをセルフで使う

知識が必要になります。期待した色と違う!になることも多いかと思います。詳細は書ききれないほど多多。

『この多多』部分が、美容師のスキルになります。

カラーを開発するレベルの方でも、数時間かけることがあるほどです。

 

最近アッシュにしたいのにミドリになったが多い

ピンクを使えばミドリはキャンセルできます。

が、ピンクの在り様や濃さの調合が必要となります。美容師の誰がしても、極めて難しい。

希望はアッシュなので、グレーぽくで良いなら『基本はこの考え方で良い』のですが・・という具合です。

特に、寒色系のファッションカラーは知識が必要です。

セルフでファッションカラーするならナチュラルブラウン系がミスが少ないし、修正もしやすいと思います。

製品にもよりますが、基本的な見方です。