BUBUオフィシャル > BUBUNEWS > ケアブリーチやケアカラーはプレックス剤を使用

ケアブリーチやケアカラーはプレックス剤を使用

ケアブリーチやケアカラーはプレックス剤を使用

プレックス剤でケアカラーやケアパーマ

ヘアカラー、ブリーチ、パーマ、縮毛矯正にプレックス剤を導入しています。

 

プレックス処理とは

ケアブリーチやケアカラーというふうに美容業界では表現します。『ダメージしにくい』や『出来ることの幅』が広がるなどの効果があります。効果的な美容業界のトレンドです。そして、ますます定着していきます。

 

プレックスブランド

髪小舞(スピリッツ)・ファイバープレックス(シュワルツコフ)・VIGUSIPLEX(スピリッツ)の製品を使います。時間は『使用するとき』と『使用しないとき』の差はありません。

 

白髪染めにもプレックス処理

白髪ぞめのご利用頻度は多くなるので、プレックス処理するのとしないのではダメージ感が全く違ってきます。髪のしっかり感やパサツキが少ないなどです。ブリーチやカラー、パーマ、縮毛矯正も同様です。

 

プレックス処理しても料金は同じ

プレックス剤は、美容院にとってかなり『コスト高』になります。低額すぎる料金設定のサロンでは使用できない可能性があります。

 

プレックス成分もいろいろ

プレックス成分によっては、製品段階から配合したものをつくることが難しタイプもあります。よって、美容院にて施術する直前に使用する必要があります。言いかえれば、プレックス剤使用のスキルが求められます。