エアタッチ

エアタッチ

エアタッチバレイヤージュ

インスタやYouTubeでエアタッチバレイヤージュがあります。

 

エアタッチは髪の条件が必要

ドライヤーの風で髪を落とし、落ちない髪をブリーチで筋感をだします。よくみると髪が落ちやすいウイッグやモデルで動画を公開しています。この方法での時短バレイヤージュやメッシュをするのですが、髪条件によりエアタッチが向かないことも多々あります。

 

プロモーションはモデル選択することも多い

サロンワークとは違います。事前に仕込みとして髪を『すいている』こともあります。また、撮影でも女優ライトや鏡前の白色光源があり現実の光源とは印象がかわることも!ヘアカラーでもアッシュをアッシュらしく見せるために、ハーフモデル(髪のメラニンが違う)を選択したり、元々髪が明るい人を選んだりします。

このようにSNSの動画や画像は、サロンワークと同じではないことも多いのです。

 

 

 

 

 

 

エアタッチは日本人の黒髪にはあわない

ブブとしては、メッシュでデザインするほうが良い感じます。黒髪が伸びてきた時、その境の明度さが出やすい。美容師のスキルでもあるけれど・・・。