滋賀県彦根市の美容院・美容室ブブ

滋賀県彦根市京町3-5-37;美容院ブブは、ヘアカラー・デジタルパーマ・縮毛矯正は、口コミでも人気です。/受付; am10:00~pm7:00、駐車場; 有/予約制

彦根ブブのヘアカラーは、滋賀県でも口コミの人気で『おすすめ』です。

トリートメントのこだわり

トリートメントを『施術中に付属』させています。技術工程に付属させるトリートメントを処理剤といいます。パーマもカラーもです。

出来るだけダメージ要因をなくしたい!

 

施術中のダメージ処理を充実させていますので

ヘアカラー+トリートメントのようなメニューを設けていません。 

トリートメントというコースを設けていない珍しい美容院です。

ダメージ処理行程は料金に入っています。

主にシャンプー中や仕上げ時に、なにげなくするので

お客様はわからないと思います。

 

 

思いませんか?

髪は原則、死んだ細胞で何をしても直らない!と言います。

では、施術後のトリートメントとは何か!?

 

 

使うトリートメント成分によっては有用なこともあります。

一方、そのときの感触改善だけなら意味がないと思うし、御客様全員が+トリートメントを求められるわけでもありません。

 

化学的に生成されるダメージ要因は、技術行程中に付属させるのがより良いと考えているのです。すべてのお客様に出来るのもメリットです。

シャンプー中や施術前/中間/仕上げ時に行います。

 

パーマやカラーの悪さは化学反応による悪さです。専門的には、架橋/重合/浸透などはトリートメントに必要な要素ですが施術時の悪さには化学反応が伴う必要があります。

 

 

『パーマやカラーに共通する悪さ』

ヘアカラー/パーマ/矯正ストレートには、共通するダメージ要因が生成され『ず〜と残ります。』・・『不可逆性の悪さ』といいます。

この悪さを抑止できるのは、特定の成分による処理での化学反応です。

 

*加温も原則しません。ダメージ要因も進むかもしれないからです。
化学反応は良いも悪いも温度が高いほうが促進されます。

 

 

  トリートメントに必要な、抗酸化物/抗酸化カロテノイド

 

画像の使用許可済 皆さんご存知のアスタキサンチン(抗酸化カロテノイド)の生成過程です。スキン化粧品によく使用されていますね!(通常使用できない画像です。美容院では美容メーカーの製品プロモ画像を使用すると思います。ブブは『成分』画像が使用できます。(多くの使用許可画像があります。)

 

 

新しい化学も出てきています。

深い世界です。こんごも改良・伸展に心掛けていきます。

話題の各種が多くプレックスも技術行程中に行う処理剤で、ダメージを抑制するものです。

 

 

プロ用として企画/開発に参画した製品づくり

プロ用製品のブランドをもっています。美容院によくあるOEMオリジナルシャンプーやトリートメントとは違います。

処方100%の商標つき企画製品です。

 

 
◼この画像リンクから、スピリッツブランドをご覧ください。
プロ用ですので文字が多いです。ブブのレベルがいくらかご理解いただけると思います。
流さないトリートメント。ヘアオイル、補修処理剤のブランド/スピリッツはブブが参画・企画