BUBU-OFFICIAL
美容院サイトは滋賀県彦根市のブブ自身でUP/予約制/駐車場:店舗前と横に出入りの楽な所/受付:AM10:00~PM7:00
HP:https://www.hikone-bubu.net/
Email:bubu@able.ocn.ne.jp
Street address:〒522-0081 滋賀県彦根市京町3-5-37
TEL:0749-26-4110

滋賀県彦根市の美容室ブブ はヘアカラー 縮毛矯正 デジタルパーマが口コミで人気

BUBUオフィシャル > 彦根ブブ NEWS > インスタなどのヘアカラーの色味

インスタなどのヘアカラーの色味

インスタなどのヘアカラーの色味

インスタやYouTubeの色味加工が非常に多いとおもいます。

髪一本一本が綺麗、スッキリ見えるなども画像処理できます。

 

カラーの色味は。後付けのネーミングも多多。美容師の講習時の余談では普通にある会話です。あらためての加工でなくても、撮影時の光源によっても別物になります。

 

モデルの、顔やアクティングポーズ、服、背景等が伴うプロモ画像で加工していないものは『ない』のではないかと思っています。 ですから、動画を含めたディスプレー画像の再現は、非常に難しくなります。勿論、美容師側のスキルもあります。 画像に添付される『手順の記載内容』も、信用できるものと、えっ!と思うものまで様々です。

 

テレビの同一番組内でも『全く色味が変わって見える』もよくあります。照明は思う以上に髪色の見え方に影響します。

ご自身のモバイル撮影でも、撮影場所によって全く違う経験あると思うのです。

アプリで明度をあげるワン加工ですら別ものになることも多多。

色の好みをお聞きするとき、モバイル画像は有効ですが、ご来店時のベースカラー(アンダーカラーといいます)によっては難しいことも。

ヘアカラーは、アンダーカラーや過去のヘアカラー剤の種類が大きく影響します。インスタなどでプロモレベル画像を展開するときは、モデル選択から始めることも!

 

白人とのハーフモデルを使うなどや毛髪メラニン、アンダーカラー、カラー剤履歴などが検討されます。サロンワークとプロモ撮影は別物のスキルです。写真撮影のためのスキルとサロンワークスキルは違います。

 

いづれにしましても、喜んでただけるようスキルUPします。