滋賀県彦根市の美容院・美容室ブブ

滋賀県彦根市京町3-5-37;美容院ブブは、ヘアカラー・デジタルパーマ・縮毛矯正は、口コミでも人気です。/受付; am10:00~pm7:00、駐車場; 有/予約制


彦根ブブのヘアカラーは、滋賀県でも口コミの人気で『おすすめ』です。

> > ヘアカラーによる髪のシミ

ヘアカラーによる髪のシミ

ヘアカラーによる髪のシミ

ヘアカラーの繰り返しによる髪のシミ

ブリーチやヘアカラーに影響する要素。
白髪対応のカラーをしている場合、髪のシミが顕著に現れます。

暗めのトレンドがあり白髪がなくても白髪対応の剤で暗めにすることもあるようです。

あるいは、ホームカラーをする時、白髪がなくても白髪対応の剤を使用する方もいます。

 

なぜ白髪がないのに!?

色ムラが出にくいからです。正解なのですが色味を変えるとき問題になることがあります。

明るい白髪対応の剤でもカラーチェンジのとき影響することが多いです。

 

髪の中に残り続ける、色素。色素沈着です。
原則、取り除けない。・・後のカラーに影響します。

 

 

本題です。

ブリーチや脱染を何度しても、色が薄く残る現象・・色のシミ。
専門的に『トーンシュールトーン』といいます。

 

 

この状態の髪は、(薄い色素であっても)

希望通りの色味になりにくい要素になります。

 

 例えば、

ブリーチ後、『グレーにしてほしい』のご希望でも、グレージュになります。(やや茶味を感じるアッシュのような色味)

 

残存する色素が、赤味なら『緑の色素をもつ剤』で、その赤味を打ち消すのですが、

茶系アッシュになる可能性が高いです。

濃くのこる赤味の場合に『明るくして赤味をなくしたい』とき、カラー剤の一番明るい緑系統の剤を
使用しても暗くなることがあります。(あるいは赤みが残る)

 

『トーンシュールトーン』は、手ごわい状態ということです。

 

美容師のスキルもありますが、『出来ることのルール』がヘアカラーにはあるのです。

 

 

ブリーチしてのケースは、色素沈着がわかりますが、ブリーチをしない場合、

髪に残る色素の状態がわからない時もあるので、狙った色味が難しいことがあります。

 

目視では『わからない状態で髪の内部に染料が色素沈着として残っている』場合、

影響されます。

 

カラーシャンプーやカラートリートメント・ヘアマニキュアも影響

美容院でカラーをされる予定の2〜3週間程度前から、それらの使用をやめたほうが良いです。

メーカーにも問い合わせ・・『美容院で何をしても取れないから、自然と取れるまで待ってもらうのが良いと!』の返答でした。

 

染料を、いかにとるかの実験も多くしましたが取れませんでした。まじ、いろいろ試しています。

製品にもよるとは思いますが。

 

中でも、ヘアマニキュアは、確実に影響します。

一見、なくなっているように見えても、髪の中にシミ状態で残ることが多い。

季節に合わせて『いろいろな色味を楽しみたい』方は、注意してください。

 

 

暗めのカラーも多いので『どのようなカラー剤で染めているか』の影響

特に、白髪がなくても『白髪対応型の剤で暗めにしている』とき、(美容院でもセルフカラーでも)
そこそこ明るくても、ヘアカラーだけでは明るくならない。・・ことが多い。

 

クロゾメ後、カラーだけでは明るくならないことをご存知の方も多いとおもいます。

 

クロゾメというのは、真っ黒のイメージですが白髪対応型剤でカラーしていると

たとえ明るめでも、後にカラー剤だけでは対応しないのです。(そういうことが多い。)

(白髪対応の剤でなくても影響することもあります)

 

ブブでは、日常的に黒染め後のヘアカラーをしています。

脱染+カラーや他の方法のWカラーとなります。