滋賀県彦根市京町3-5-37/美容院・美容室ブブ

ヘアカラー・デジタルパーマ・縮毛矯正は、滋賀で口コミの人気。/受付; am10:00~pm7:00、駐車場; 有/予約制

彦根ブブのヘアカラーは、滋賀県でも口コミの人気で、おすすめです。

> > ヘアカラー後のトリートメント(専門用語あります)

ヘアカラー後のトリートメント(専門用語あります)

ヘアカラー後のトリートメント一考

 専門用語もありますが、カラーに関して興味ある方は是非。一読のおすすめ!

  1. 髪は死滅細胞で、何をしても治らない原則が現状です。 
    (分子レベルでは生きているとも言えることを大手様が最近プレゼンされています。
    ブブでも数年前に、同様の見解をブログで述べています。美容師のおおくも閲覧いただいていることでしょう。)
  2. ブリーチやカラー時のダメージを抑制する処理剤が出てきて効果的

  3. ヘアカラーのダメージ要因
    不可逆的システィン酸の生成・アルカリの残存・脂肪酸の破壊であり、活性酸素種の連鎖が悪さ要因となる。
    結果として、ペプチド結合要素・イオン結合・塩結合の要素・S-Sの要素が脆弱となる
  4. その他

 

ヘアカラー後の、有料トリートメントは少なくとも上記3項の改善要素がなければならない。

 

質感向上だけではプロフェッショナルのトリートメントじゃない

ブブでは、有料トリートメントよりヘアカラー施術工程中のダメージ要因処理に注力し料金に含めています。行程中なの、改めて〜をしている感はありません。(パーマ・縮毛矯正も)

 

2項の内容について…代表例として〜プレックス各種がありブリーチやカラー時のダメージ抑制が明快になる製品があります。

施術中の処理が効果的に機能することを示しています。トリートメントしている感はないですが、ダメージが少ないことにカラー直後から気がつくことになります。

施術後のトリートメントも条件を満たしているものなら良いとおもいますが、施術中にできるだけダメージしないようにしていくのが良いのです。

 

それでも、髪には限界点のようなものがあります。仮に、わずか5%ダメージするとしても『あまり傷んでないように』感じる髪もあれば、5%のダメージでも実際に傷んだ!となる髪状態もある。・・・・このあたりが、現在の限界かと感じます。

 

1項に対し、有料でするトリートメントとは何かといことを考えた時、施術時に出来るだけの処理をしたいという結論があります。

かつ、それを補うのが洗い流さないトリートメントによる、お客様の日々のケアです。(こんな理由から製品開発もしています。)

 

少なくとも酸化は日々です。パーマやカラーをした髪は酸化されやすい状態になる

と言う事もいえます。

 

酸化は日々

日々それに対処する方が良いというのは論理です。

酸化は、『枯れる』あるいは、『サビル』と言うことです。大きなダメージ促進要素です。

ヘアカラーやパーマ後の髪は、酸化されやすい状態になります。

 

金属イオンと言うのを聞かれたこともあると思います。

水道水などに含まれるカルシウム、銅、鉄イオンなどので毛髪に付着します。

 

それが多くなると施術に影響します。

かつ手ざわりにも。ダメージ促進要素です。

酸化促進にも働きます。キレートというのが必要となります。日々、必要な要素です。

 

もっと、あるのですが難しすぎるので割愛。

 

一度のケアより、日々 のケアが大切とも。

 

 補足

前述にて『髪には限界点』があることを書きました。

特に、パーマ系はご来店いただいても施術しないほうが良い髪状態もあります。

つけた瞬間、溶ける感じになる!

特に、パーマ系は出来ない判断もあります。

ダメージ毛専用の剤もあります。が、それでもです。