滋賀県彦根市の美容院・美容室ブブ

滋賀県彦根市京町3-5-37;美容院ブブは、ヘアカラー・デジタルパーマ・縮毛矯正は、口コミでも人気です。/受付; am10:00~pm7:00、駐車場; 有/予約制


彦根ブブのヘアカラーは、滋賀県でも口コミの人気で『おすすめ』です。

> > 外国人風や透明感について

外国人風や透明感について

外国人風や透明感について

外国人風カラー

ご来店時の髪にのこる色素をアンダーと言い、外国人風の透き通り感に影響します。ヘアカラー施術で最も重要な要素です。

 

前回と同じ色を使っても結果は変わる

意外と思われるでしょうが、微妙に違うのです。『前回良かった!』
2回目も同じようにして!というとき工夫がいるのも外国人風カラー。

退色でアンダーが変わるからです。

 

外国人風カラーに特有な透き通り感は、毛髪の質が一番影響しますがアンダーも関わります。

 

 

ブリーチしなくても外国人風とか透明感になる!とよくサイトにかいてありますね。

 

退色を利用出来る場合、ブリーチが必要なくカラーだけで!という意味です。

言い換えると、アンダーが利用できるかどうなのか!です。

 

イルミナやスロウの美容院プロモサイトに正確性にかける表現が多くあり、

一般の方に誤解されやすい。

それに、

イルミナやスロウよりもアッシュに優れた剤はあります。

 

外国人風カラーは、剤ブランドでするのではなく美容師のスキルでするヘアカラー

外国人風カラー/アッシュカラーが人気

 

退色を利用しないグレー系アッシュ

美容メーカーのプロモーション画像などは『ハーフモデル』や『もともと赤みが少ない毛髪』をモデルとして選びます。これも、アンダーの選択です。

いいかえれば、髪の条件が合わないとアッシュ系外国人風や透き通り感カラーをワンプロセスでは表現しにくいともいえます。

一般的なアジア人毛髪において、出来るだけ茶味を感じないアッシュにする場合、濃い染料にてカラーリングします。

赤味やオレンジ味を消したい!出来るのですが暗めになります。(退色を利用できない場合)

暗めのトレンドとは、こういったことから生まれたように感じます。

 

オークルスキンの場合

アッシュは、青味の色素をもっています。見た目には、青を感じないのですが
確実に青の色素が多く存在するのです。

前述しました濃いアッシュ(暗めになる)の場合、オークルスキンと合わないこともあります。

肌がくすんで見えることがあります。

ファンデは、可能な限りピンクベースを使うとなじみやすいのですが・・・。

なんとも難しい判断ですね。

 

明るいアッシュ

退色を利用しないで明るいアッシュを求めるとき、ワンプロセスで可能なカラー剤も出てきていますが『アンダーの影響を受ける可能性』があるので難しい場合があります。

毛先の方が暗い!みたいなのが例としてあります。

最近では、暗めのトレンドがありました。どのような剤で暗めにしているか!などや色素の沈着という現象があると『ムラ』になる可能性もあります。

 

 

なぜ、このようなことを書いているか!

インスタやサイトの美容院プロモで誤解を招くような記載が多いため

お客様が勘違いされていることが多いように感じるからです。

〜剤を使えば、無条件で外国人風や透き通り感がでる・・というふうに。

 

『〜剤で施術してもらったけれど全然違った』や『ブリーチしなくても出来るとあったのに!』と言って、来店されるお客様が多くいらっしゃいます。

 

 過剰な宣伝を感じます。

 

滋賀の美容院ブブの外国人風カラー

アンダーが利用できるかどうか・・退色状態の判断。
退色が利用できないときは、ブリーチが必要なことが多いです。

でもこんな方法も!

ヘアカラーのアッシュやアッシュマットの一番明るい剤にブルーの

エキスみたいなものをガッツリ入れる。少し明度は🙍💨⤵けれど

透き通り感があり、赤みを感じにくい‼こんなカラーが人気です。


*茶味が出るアッシュ系の方が、スキンに対し合うことも多いと思います。

ブリーチしてのカラーもいいけれど、カラーだけで茶味が残るアッシュカラーの方が

馴染みやすい。顔が綺麗に見える事も。

 

日本人風トレンドカラー

外国人風カラーという言い方、出来るだけ使わないようにしています。
なんか恥ずかしい気がするからです。

思いませんか?日本人が好むトレンドカラーだと。
日本人風トレンドカラーです。

こんな感じで頑張っています。undecided 大変や!