エルカラクトンを使用する技術全般

エルカラクトンは様々な技術で使用でき結果も出ます

スピリッツのEラクトンプラスは、原液希釈型の製品でコスパに優れています。何より強烈な抗酸化物が配合されていることが良い。前処理、中間処理剤として多くの技術に使えますが、それぞれの技術では、2剤=酸化するから、仕上げにも後処理として=流さないトリートメントとして使うことが 更に大切です。VIGUSIをおすすめ!

酸化とは、サビルということですからね。

 

洗い流さないトリートメントVIGUSIのエルカラクトンとエルゴチオネイン

洗い流さないトリートメントにも、抗酸化物やキレートが充実しているのが望ましいと考えています。

 

エルカラクトンにとっても必要!

空気(酸素)は、酸化要因そのものだし、ブロムや過酸化水素を使う技術にあっては、まじ必要があるわけです。

カラー時過酸化水素使う。ビーカー実験でカタラーゼは有用。でも、カラーは、ヒドロキシラジカルに変化させて機能させる。(アルカリで活性させる)

活性酸素は型をかえて連鎖することが問題。このあたりの対応幅はエルゴチオネイン。

酵素は、製品内部において活性を担保するのがむつかしい。酸化は日々だから、御客様にも抗酸化能がある製品が必要となる。

 

エルカラクトンはビルドアップしない

連用することにより一定割合まで『たまる』。しかし、空気の酸化により剥離もする。エルカラクトン配合製品をより有用にするのは優れた抗酸化成分だ。

 

いろいろな判断があると思いますが、お客様にはエルカラクトン入りの流さないトリートメントはおすすめの選択肢です。