処理剤の考え方と必要性 | 中和反応でも処理剤カテゴリー

毛髪処理剤は必要

化学反応の不可逆性は、化学反応で処理しないとなくならない。

『栄養』という言葉が多く出てきます。自分的には、この言葉の是非はわかりません。 非常にあいまいな表現だとも思います。RPA SSエージェントは、この『栄養』という概念の展開はしていません。『反応』がすべてだと思っています。

勿論、 在り様や反応のレベルはあるでしょうし、やがて成分のレベルも発展するでしょう。 しかし、現状において
次のような事を思うのです。

化学反応の悪さは 今も過去も変わらない・・・・ですから新しい原料成分である必要はない。その時代時代で もっとも有用だと考えられるものを選択すればよい。 要は、新規成分でなくても良いものは良い。新規成分が良いなら それを使えば良い・・・・・当たり前ですが そう思います。

 

ただし 良いものであっても使用濃度は かなり検討が必要。原料成分は 多くの場合何らかの修飾があるからです。化学的修飾がないと 基本反応がない・・・間違っているかもしれませんが

自分は 大きくとらえるとこう思ってます。

ともかく、

化学反応は その時に起こっている・・・前処理や中間処理にて悪さの部分を出来る限り 可逆的に反応させる必要性。・・・・元のケラチン構造へ 戻していけるような反応性

 

化学反応は不可逆性として毛髪に残存するから『栄養』では意味がわからない 


化学的処理毛は、 悪さの化学的反応が毛髪に残る可能性があるわけだから 後処理においても可逆的な反応においてのみ その悪さを抑制できる・・・・・そう思ってます。

よって 前処理 中間処理 後処理は必要です。

ただ製品の選択は必要だとおもいます。

 

毛髪ウエット時の『良い方向のキシミ』は確実にある


勿論、悪いキシミもある。 

これらは 仕上げ時の結果として どうか!や後々どうか!ということにおいて判断するものですから、『キシミ』の説明はできないです。

毛髪用化粧品は、理屈で作られる部分もありますが サンプル作ってモデル実験して どうなんだ!というのがあるわけで  この部分が結局重要であり評価になるのに 似ています。

 

処理剤は原則パーマやカラーそれぞれに必要

剤の中に 処理剤概念を取り入れることも 可能だとは思いますが

安定や処方上の制限があると思われるので やはりそれぞれが独立したカテゴリーとして
ダイレクトに効果を追求するのが良い現状だと思います。