滋賀県彦根市京町3-5-37 | 美容院/美容室ブブ;ヘアカラー・デジタルパーマ・縮毛矯正・エクステが口コミで人気/受付; am10:00~pm7:00、駐車場; 有/予約制

滋賀県彦根市の美容院です。彦根ブブのヘアカラーは、滋賀県彦根市でも口コミの人気が多く、おすすめです。

ヘアカラーを詳しく/美容院のおすすめ情報

ホームカラーをされている方が多いのでアドバイス!

ホームカラーをするとき時間を長く放置する方が良く染まるとか、明るくなるという方がいます。

長く置きすぎると ダメージが進むだけです。(使用法説明の時間が良いです)

ヘアカラーのアルカリは、髪にとり強敵です。

直後のシャンプーは、2度洗いをおすすめします。
トリートメント(コンディショナー)は、多めにつけ10分程度放置し流します。

髪のペーハーを出来るだけ戻す必要があります。 

 

グレーアッシュ/モノグレー/滋賀県の美容院ブブ

BUBUサロンモデル/グレーアッシュでも難しいモノグレー(無彩色系のグレー)2プロセスカラー

撮影用白色光源使用なし/太陽光の当たる店内でモバイル撮影

一般に、太陽光が当たると茶味がでます。

白色用撮影光源で撮影することが多いのです。あるいは、特定のの蛍光灯下

口コミで人気のおすすめヘアカアラーは、滋賀県彦根市の美容室ブブ!

 

 

美容院でのヘアカラー時の加温

明るくはなります。よく染まるともいえます。(ただし、色は抜けやすい可能性)
ですが、ダメージも倍々ですすみます。

化学反応は温度により加速するからです。

ダメージ要因も進むということです。

 

 

カラーの明度

レベルスケール

3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,1415,16,17,18

*地毛レベルは、3,4,5,あたりです。

 

■3〜5は、ほぼ黒です。(1、2、という黒もあります)
■6、7、8、9 このあたりが、白髪対応やファッションカラーの暗めということになります。
■9〜13が、ファッションカラーに多いレベル(トーン)になります。
■15〜18は、ブリーチ+カラーのトーンになります。

就職活動時は、5、6、あたりが多いです。

明るさに『うるさい会社』の方は、6レベル〜9レベルが多くなります。


 

レベルとトーンの違い

レベルというのは、色味のない明るさの基準です。

髪をブリーチで、3分放置 5分放置 8分放置 10分放置・・・・・・25分放置・・・のような感じで、
ぬいたレベルです。レベルスケールは、明るさの『ものさし』です。

 

 

 

トーンというは明るさに色味が加わった状態

現実的のヘアカラーでは、トーンで明るさと色味を指定することになります。

例・・・10レベルと10トーンでは、10レベルの方が1〜2レベル明るく感じます。
10とレベルいう明るさに、色が入るからトーンの方が視覚的に暗く感じます。

 

会社や学校で検査に使うスケールは、レベルスケールです。

10レベルまでという基準があっても11トーンのヘアカラーが出来ることでもあります。

黒染め後のヘアカラー/彦根市の美容室ブブ

黒染め履歴→脱染+ヘアカラー/10トーンのグレージュ

 

 

 

色の特性

10トーンでも色味によって、明るく見えたり暗く見えたりします。ヘアカラーの特徴です。

一般に、アッシュやマットのトーンは暗く感じます。
ピンク系やオレンジ、イエローは同じ10でも11や12レベルのトーンに見えます。

 

トレンドのグレイッシュ(アッシュともいえますが、よりグレーがかって見える瞬間がある)
などは、10トーンと言っても9トーン程度にみえます。

 

*本格的なグレーアッシュは、ブリーチやWカラーが必要です。太陽光下でも、グレーに見えるにはブリーチ+カラーが必要です。

カラー剤+カラー剤のWカラーでは、太陽光下では茶味が感じられます。このことから、蛍光灯下や撮影用白色光源での画像が多いのです。

 

 

 

褪色に関して

どのようなヘアカラーでも褪色はします。

髪やさまざまな条件にもよりますが、9トーン以下は比較的色味がもちます。

ヘアカラーは、ブリーチと色味を同時にする剤ですから、明るいカラーは明るいレベルまでブリーチして薄い色味で明るさを確保するメカニズムがあるからです。(明るいトーンは、色味が薄い)

ですから、色が少し取れるだけで褪色を感じるのです

透明感カラーというのは、ブリーチ力がある剤に、濃いめの染料が配合されているから光が当たっても、色味を感じられるということです。

当然退色すれば、それなりに明るくなります。

後々その退色を利用すると、更に色味が出やすいということにもなります。(他のカラー剤でも、同じですが)

一方、染料が濃いわけですから、カラー後しばらくは『かなり暗く感じる』ことが多いかもしれません。

 

 

 

 

褪色があるから いろいろなカラーが楽しめる。

イロイロな色味を楽しみたい方は、褪色があるからカラーチェンジが出来ることも知ってください。

例えば、黒染めした後に、明るいカラーをしても明るくならない経験あるとおもいます。

専門的には、いろいろとあるのですが、要は、退色がそれなりにあっても、色素が毛髪内に濃く残っているから明るくできないのです。

 

 

黒染めとは何か!?

レベルでいうと6以下の、ほぼ黒の地毛に近い明るさと思われるでしょうが、実はそうではありません。

7レベル〜9レベルの明るさがあっても、色が濃く残っていると1年でも2年でも影響します。(専門的には、残存する染料の在り様によります。)

 

美容師の目視では、判断しがたい部分でもあります。

ヘアカラーだけで明るくできないときは、脱染+ヘアカラーのWカラーが必要となります。

また、明るくても赤みの染料が残りすぎていると、『明るめのアッシュにして!』といわれても
赤みは消せても、思うほど明るくはならない!あるいは明るくなる剤を使用しているのに
暗めになる!ということもあるのです。 ・・・Wカラーが必要

そして、これは目視では判断できないこともあります。

 

 

 

出来ないことを知らないとヘアカラーはできない

例えば、ブリーチなしで本当のグレーはできません。

あるいは、クロ染めを取るためにブリーチをすると真っ赤になった経験あるとおもいます。このような時、赤さの程度によっては明るいアッシュにはできません。等々

このような時は、赤みがなくなるのを待つしかない時もあります。

明るさの指定があると、よくできて茶系にできれば『よくできた!』もあります。

メッシュは均一な太さやラインより適当感をデザインするのが良いとおもいます。滋賀県の美容院ブブ

脱染ブリーチ+カラー+メッシュ・・髪の条件があえば、カラー+メッシュのみで可能

メッシュ→カラーあるいはカラー→メッシュ どの順で施術するかは『いくつかの条件』で変わります。

 

ヘアカラーで希望に出来ない要素

スキンのシミはなかなか取れない!
毛髪にあたるそれは、色素沈着・・トーンシュールトーンといいます。

染まっているということと 色素沈着した状態は違うということです。

それは目視ではわかりません。直観的に感じるときもあります。

このような時は、出来ることの枠を美容師と相談して妥協点を見つけていく必要があります。

美容師が上手いとか下手ということではなく『できないルール』のようなものが有るのです。

 

黒染め後のシルバー

シルバー/滋賀の美容院ブブは彦根市にあります。ヘアカラーは特に人気です。

シルバー/いくらか茶味が残っています。ブリーチや脱染剤で取り切れない『残留する色』です。色素沈着(トーシュールトーン)

ヘアカラーは、髪条件も必要です。

ですが、綺麗なシルバーだと思うのですが・・。17レベルまでブリーチする必要があります。

*色素沈着は、黒染め履歴でなくても起こり得ます。

 

おすすめのヘアカラー/透き通り感

BUBUサロンモデル/アッシュパープル/モバイル撮影

光にあたると透き通り感は出ますが、色味が抜けてしまう。

透けた感じでもアッシュを感じるみたいな。この場合は、アッシュパープルがピンクアッシュに見えます

このようなカラーを『透き通り感がある』といいます。

 

ブブのヘアカラー時の特徴
  1. 残留過酸化水素由来からの活性酸素を抑止
  2. アルカリの中和反応をアプローチします
  3. システィン酸というダメージ要因の生成抑止
  4. もう一点あります。現在対処を検討しています。

これらはシャンプー時の施術で、お客様は気がつかないと思います。

(料金に含まれています。)

ホームカラーがダメージしやすいというのは、剤のつくり以上にこういったことが出来な体と思います。

美容院施術でも、処理は必要です。単純にトリートメントしただけではダメです。

悪さは化学反応で生成されるので、化学反応を伴う処理がないと分解できません。

完全にはできなかもしれませんが、出来るだけのことをするというのはプロの姿勢だと思います。

 

ヘアマニキュアに関して

髪色を 季節によって変えたいと思う方は、使用しない方がよいことがあります。マニキュアの染料が問題になることがあります。(目視では 判断が出来ないことも多多あります。)

白髪に対しては、根本は完全に染まりませんが、髪が伸びてきた時に自然な感じで黒髪と馴染むので好む方も多いです。ヘアカラーよりダメージ感は少ないです。ただし、色が変えにくいですので、最初の相談が大切です。

 

カラートリートメントで、白髪対応型の製品も履歴が重なるとヘアマニキュアと同じことがいえます。おしゃれ対応型のカラートリートメントも、カラーチェンジしたいときの残留色素量の影響を受けることもあります。特に赤み系統の色素は、手ごわいです。

一般に、Wカラーが必要なことが多いと思います。

 

 

白髪を対象にするカラー

ホームカラーでも 美容院でのカラーでも明るさを迷った時は、白髪対象のカラー剤の明るめを選択します。

たとえ、綺麗に白髪をカバーできなくても修正しやすいからです。 

その逆の場合、暗くなった白髪対応の剤は、カラー剤だけでは明るくできないのでご自分では対処できなくなります。

 

 

 

最後に、ぜひお読みください。

 

*毛染め剤に、匂いが強いものと弱いものがあるとおもいます。

市販のカラー剤は比較的臭いが少ないようです。

で、お客様から『匂いが強いのは薬が強いのでは?』とか『匂いが残るからいやだ』ときくことがあります。

カラー剤にはアルカリが使われています。アルカリには、いろいろな種類があります。

臭いがするということは、そのアルカリが揮発するから臭いを感じる!

臭いがすくないということは、アルカリが揮発しにくいから臭いが少ない!

プロ用の毛染め剤は、揮発するアルカリ剤が配合されていることが多いので『においやすい』

揮発するので毛髪に残りにくいという事であり、ダメージもしにくいということでもあります。

市販品に匂いが少ないのは、こういった事情を知らない方の毛染め剤処方だと思います。

BUBUは滋賀県彦根市の美容室

BUBUはビジネスユニットの意味です。プロ用の製品を企画から開発しています。より良い施術でお客様に喜んでいただける目的で始めました。今では、多くの美容院様にご利用いただいています。お客様にとって『コア』のような小さなサロンが良いと考え直営店を全て完全独立させてきました。トレンドにも敏感に技術向上に取り組んでいきます。

BUBUを、ぜひ一度ご利用ください。

滋賀県彦根市の美容院/美容室BUBU/ヘアカラー・縮毛矯正・デジタルパーマ・エクステ